カウンセリング

美容皮膚科の美白メニュー

顔の治療

シミを防ぐ

シミは紫外線が原因でメラニンが活性化されてできるものです。ターンオーバーが正常に行われていれば、メラニンが発生してシミができても、古い角質と共にはがれてなくなります。しかし、加齢やストレス、睡眠不足などが原因でターンオーバーが乱れると、シミがはがれきれずに皮膚の表面に残ってしまいます。シミができないようにするには、ターンオーバーを整えることが大切です。シミができてしまったら、美容皮膚科の炭酸ガスレーザーなどで消すことができます。しかし、レーザーで簡単に消せたとしても、そのあとのメンテナンスを怠るとシミがまた浮き出てきます。それどころか、治療前よりも濃くなる可能性すらあるので注意が必要です。治療後はしばらくは患部を紫外線にあてないように、絆創膏などを貼ってガードしておくことが大事です。そして長時間屋外で過ごした日は、一日の終わりにしっかり保湿をして乾燥を予防するようにします。ケアをしっかりしていれば、シミがやがてかさぶたとなって剥がれ落ちていきます。

レーザーと光と外用薬

美容皮膚科のシミ治療には、レーザー系や光系、そしてハイドロキノン・トレチノイン療法などがあります。レーザーは皮膚の深いところまでエネルギーが届き、一回で取り除くことができます。何回も皮膚科に通いたくない人にお勧めです。光はレーザーよりも浅いところにしかエネルギーが届きませんが、そばかす、くすみ、ニキビ、クレーター、毛穴など、幅広い肌トラブルを解消します。フォトフェイシャルなどが有名な光治療器です。定期的にフォトフェイシャル治療を受けることで、次第に肌色がワントーンアップし透明感が出て、きめ細やかになっていきます。ハイドロキノン・トレチノイン療法は自宅でする美白治療です。美容皮膚科に行くと、自分のシミにあった濃度のハイドロキノンとトレチノインを処方してもらうことができます。ハイドロキノンを塗ったあとしばらくしてからトレチノインを重ねて塗ると効果的です。トレチノインには出来てしまったシミを漂白する効果のほかに、コラーゲンを合成してしわを消す効果もあります。