カウンセリング

年齢を重ねたお肌に朗報

注射治療

人気の秘密とそのわけ

どんなにお手入れをしていても、年齢を重ねると出来てくるのがシミです。人により差はありますが、40歳を過ぎて自分にはシミが全くないと断言出来る方はまずいないでしょう。昔は一度シミが出来てしまったら、それを消す方法はありませんでした。せいぜいコンシーラーを使用するか、ファンデーションを厚塗りする方法しかなく、年を取るにつれて厚化粧になる傾向がありました。最近はレーザーなどによるシミ治療が手軽に出来る時代になり、利用する人が増えています。というのも、やはり絶大な効果があるからなのです。では実際の治療にはどんな種類のものがあるのでしょうか。シミには原因や症状により、何種類かに分類できますが、治療もその種類によっていくつかが使い分けられます。紫外線が原因のシミにはQスイッチルビーレーザーなどがよく使われます。びっくりするほどきれいに取れますので、ここが人気の理由です。雀卵斑(そばかす)にはヤグレーザーなどがよく用いられます。これもかなり有効です。肝斑と呼ばれるシミはホルモンが関係しているので、内服薬がよく処方されます。いずれにしろ、昔では考えられないほど結果が出ます。

今後はますます技術が向上

シミ治療の技術は年々向上しています。それは女性たちの美に対する熱意がますます高まっている事と呼応しています。シミ取りの歴史は、色が白くシミの出来やすい白人社会で生まれました。初期のものには、戦闘機の塗装を剥がす技術を利用したものもあったということです。そこから需要がどんどん高まり現在に至るのですが、オゾン層の破壊により、地上に降り注ぐ紫外線の量が増えていることにも関係しているといわれています。紫外線がシミを増やしているからです。特に日本では美白ブームが1990年代に起き、そこから現在に至るまで、白くてシミやシワのない肌が最高だという価値観が不動のものとなっています。この理想に近づくため、女性たちは日夜努力を続けています。しかし自力で出来ることに限界が見えてきているのも事実です。白く美しい肌が最上という価値観が揺るがない以上、限界を感じた女性たちがシミ治療の出来るクリニックへ急ぐことは誰にも止められないでしょう。需要が増えるにつれ、クリニック同士の技術の競争は盛んになります。結果、今後はよりしっかり、より簡単に、よりきれいにシミが取れるようになると予想されます。